フローレス島の地図と見所と行き方(アクセス)

フローレス島は ポルトガル語で花の意味で
インドネシアのヌサトゥンガラの島群の中で3番目に大きな島。
あのコモドドラゴンの生息地であるコモド島のそばです。

島民の85%がキリスト教なのはポルトガル支配下にあった影響ですが
巨石信仰といってその前からあった土着文化も残っていて見所もおおい。

フローレス島の地図
DSC01252

温泉もある。
三色の湖のあるケリ・ムトゥ山
そしてフローレス原人。

今も末裔がいるそうですよ。
身長1メートルの人が
リアン・ブア洞窟で暮らしているのが発見されたんですって。

流石に今は洞窟で生活しているわけではないけど

フローレス原人に会いたい!
行きにくい秘境のこういった文化を垣間見る旅が
たくさん出来るといいなって思います。

フローレス島の行き方(アクセス)
——————————————–
フローレス島の西端にラブハンジョーに空港があり、
バリ島デンパサールから毎日IAT(トランスヌサ・エア・サービス社)航空が
運行しています。バリ島より国内線で約1時間30分

他にもスカイアビエーション sky aviation
メルパティ Merpati Nusantara Airlines 、ライオンエア Lion Air

前もって日本から予約をしても欠航や延期が多い国内線なので
バリ島に着いてからそこらじゅうにあるツーリストインフォメーションで予約することにします。

ちなみにフェリーでバリ島からフローレス島へ行くこともできます。
ブノア港より。だけど39時間かかるんだって。
大きなフェリーなので快適だと思うけど、魔の海峡とかあるので沈没の恐れもないとはかぎらないです。

国営船舶会社ペルニの運行する「KM. AWU」

料金280,000インドネシアルピア(エコノミー)

途中ワインガプ(スンバ島)、ビマ
(スンバワ島)に寄港し、所要時間約39時間でバリ島ブノア港に入港。

ルート==================

スラバヤ(ジャワ島)→ブノア(バリ島)→レンバル(ロンボク島)→ビマ
(スンバワ島)→ワインガプ(スンバ島)→エンデ(フローレス島)→クーパン
(ティモール島)→カラバヒ(アロール島)→ララントゥカ(フローレス島)→
クーパン(ティモール島)→エンデ(フローレス島)→ワインガプ(スンバ島)→
ビマ(スンバワ島)→ブノア(バリ島)→スラバヤ(ジャワ島)→クマイ
(カリマンタン島)→スラバヤ(ジャワ島)

わお、39時間かかってしまいますね。

This entry was posted in バリ島旅行ブログ④ and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です