バリ島のクレジットカードのスキミング犯罪 トラブル

クレジットカードの磁気データをスキミングして、偽造カードを作成し、不正使用される犯罪です。これはクレジットカードを使用した際に読み込み可能なカードリーダーで磁気データが盗まれ、それをパソコンで解析してクレジットカードの情報が犯罪者の手に渡り、クレジットカードが偽造されるというもの。

私はこれはないけど
帰りのデンパサール空港で買い物をして空港で2重請求されたことは2度ある。
ちゃんとしたクレジット会社なら電話をすればすぐに対処してくれるけど
空港だって信用できないなぁと初めて思った出来事。

ICチップの埋め込まれたICクレジットカードならその点大丈夫ということです。

今はどちらかというとこれが主流。

それとバリ島ではクレジットの手数料3%はこちら持ちなので
大きな買い物をした場合はよく考えてクレジットにするか現金にするかどうか。

レートも注意。
ルピア表示の品物を買っ多場合
一旦ホテルの高いレートに計算されて、そのレートを円にされて請求されるとか。
高級なホテルとかはありがちです。

This entry was posted in バリ島のトラブル, バリ島いろいろ and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です