バリ島で現金(ドル、ルピア、日本円)の割合とクレジットカード

最初バリ島へ行くとき悩むのはいくら持っていくかよりも
現金(日本円とUSドルとルピア)
クレジットカード 
   の持っている割合だった気がします。

まず現金が足りなくなっちゃった場合ですが
大きなホテルとかスパとかレストラン、スーパーでもクレジットカードは使えるし
もし使えない場所でも 今やATMはそこらじゅうにあってキャッシングという形で現金を引き出すことができるのでもし足らない場合でもなんとかなります。

ちょっと前はシティーバンクカードでないとATMが少ないとかあったけど
今はウブドの田舎のコンビニでも日本で発行されたVISA、マスター、JCBカードを突っ込めば現金が出てきます。

あとはは大手銀行でも簡単に国際カードを発行してくれるので
それをもってATMに行くのもいいですね。

カード会社から請求される手数料が高いんじゃ?と思われますが経験上レートの悪い両替所より良かったりします。ホテルでの両替よりもカードで現金を下ろすほうがレートがよかったりするので、変に両替所を探し回るならATMでキャッシングしたほうがよかったということもありました。

それぞれカードの条件が違うので確認してみましょう。

引出方法は、ATMにクレジットカードをまず入れて
英語表示に切り替える。
【ENTER】とかあとは見たことある言葉通り進みます。

ゼロが多いのでいくらおろしたいのか迷いますが
100,000 1000円くらい
100,0000 1万円くらい

まぁ1000円おろす人はいないと思いますので
1万円か2万円として ゼロを2つ取ったのが日本円の目安です。

もっとおろしたい場合は 英語表記右下の【コンティニュー】を選ぶと
2万円 5万円とおろせたはず。

信用できる人が現地にいれば少しお礼をしてついてもらうのも手です。

持っているお金の割合ですが
USドル表示のところはドルで払うのが一番レート的に得です。
ルピア表示のところはルピアで。
日本円表示なら日本で。

なので前もって予約したホテルなりスパなり
もう払うのがわかっているならその金額を準備してバリ島へ向かいます。

ドルの両替は行きの空港で
ルピアの両替は現地についてからです。
日本円も少しは残しておきましょう。帰国時に日本円がないと困る。

到着したングラライ空港では
レートが悪いので次両替できるまでに必要な、最小限の両替5000円くらいにしておいて
次の日街のレートのいい安心の両替屋さんで換えます。

もしもホテルずっといて街には出ないという人はもし現金が必要ならホテルで両替です。
ホテル滞在の場合はチップ以外現金は必要ないことが多いので
次、街に出る時まで両替しなくってもいい気もしますが。

街どこの両替所がいいかはガイドさんやドライバーさん、
場合によってはホテルの人に聞けたりしますが、信用できる人に聞けない場合
前もってウェブ検索して【バリ島おすすめ両替所】
自分のエリアの便利な場所の地図をコピーしておくのがいいです。

街の両替所まで行かない場合、ホテルと空港、どちらがレートがいいか..
ですが 同じか、ホテルがいいと思います。
空港の両替所も騙される話はよく聞くのでホテルでの両替のほうが安心かもしれないです。

高級ホテルじゃなくゲストハウスやロスメン泊の場合
ルピアを持っていないと何もできませんので、たくさんめにに持つことです。

This entry was posted in バリ島旅行の準備, バリ島いろいろ and tagged , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です