バリ島旅行必需品!くるくるドライヤー海外対応もってくよ。

バリ島のホテルにドライヤーはあっても
くるくるドライヤーはない。
ドライヤーだってそこそこのホテルでないとないかも
中級ホテルだと石鹸もない所が多いです。
もしあったとしてもアメニティーの質はよくなかったりするので持参するのが得策です。
高級ホテルの場合はこだわっているので大丈夫です。

そう。ドライヤー問題。
その前に、、バリ島は暑いのでドライヤーをかけるのがおっくうになってしまいます。
私は自然乾燥がほとんどなんですが、自然乾燥の後が問題。

ゴワゴワ、まとまらない、艶が出ないなど
セットで使いたい場合もありますよね。
いつも家ではデンマンブラシとドライヤーを日常で使っているので
セットはしたい、なのでないと困る。

でもドライヤーとセットブラシは荷物がかさばっちゃうから
くるくるドライヤー1台を持っていくんです。

電圧については
日本は100ボルト
バリ島は220ボルト(200~220)

変圧器はいりません。
私は海外両用のくるくるドライヤーを持っていきます。

通販で安いですよ。
普段使いでもこれを使っていますが何の問題もない。
長持ちしています。

電圧の切り替えは手元サイドにぽちっとあって
日本で使うときはこっち、海外の時はこっちと方向を変えてあげるだけ。

海外対応のヘアアイロンもある。

さっきも言ったけどバリ島は南国だから、
昼はロングヘアだとまとめてひっつめたくなりますよ。

暑いし昼は首回りにまとわりつくし。普段のように美しく毛先をカールさせたところで、海やスパへ行けばとれちゃいます、湿気もあるし汗もかく。
例えばバリ島に1週間とかいると化粧も面倒になかも。ばっちり厚化粧はバリでは似合わないし、プールやスパへたくさん行く人はマスカラやチークはつけなくなりますね。
美容にこだわっている人ほど日焼け止めを塗りなおしたりするので化粧は最小限なんです。

夜、ちょっとドレッシーなワンピースでホテルの食事を楽しみたい時とかですね、巻いたりなんなりは。

日本の電化製品を使う時はコンセントの先のプラグは必ず用意して。
バリ島のプラグは丸ピン2本のCタイプです。100円ショップに売ってるよ。ぱこっとかぶせるタイプ。空港にも200円とかで売ってます。

ドライヤー関係は庄が強いのでこのように用意しますが他の物、カメラ、パソコン、携帯電話の充電なんかは変圧器はいりません。
見ればわかるけどほとんど100~240Vとなっているんで、そのまま先のプラグだけ買えれば電圧器は必要ないない。

 

バリ島の電圧220V
先っちょのプラグ Cタイプです。

あっやけどしないコテの海外対応!でてますね。
これは便利です。

火傷しないコテ。

This entry was posted in バリ島旅行の準備 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です